深夜4時、気温ひとけた、そして強風。

こんな悪コンディションの中で強行することに意味があるのか?

朝のトイレの中で考えます

今日の目的は弱気になったメンタルを自然に触れて通常に戻すこと、アウトドア野宿、ロングライドのコツを掴むこと、自転車のポジション変更によるペダリング調整

殆ど今日じゃなくても良い

もっと言えばこんな日にこんな事しなくても良い

ですが本命の野宿挑戦は・・・正月中でなければ出来ない・・・平日は無理な急用を入れられることが多いので・・・


よし!!

出発は4時半

開始早々体の動きが硬いのに気が付きます

それはそうです。近所迷惑、家庭内迷惑になるので音を出す可能性がある準備体操を省いたので

しかしそこは効率厨たる僕には些細な問題で自転車低負荷で漕ぎだしする事で解決しました

そして出発から1時間半

新調整したポジションがどうやら適切でない事に気が付きます

どうやらサドルを前に傾けたことで更に座る高さが低くなってをトルクが大幅に減ったような?

またどのようなペダリングを行ってもお尻が浮くようになってしまいナニコレ


目的地到着

9時から釣り開始

お昼ごはんは釣り上げた魚を絞めて3枚におろしてバーナーで炙って〜水沸かして味噌汁も追加!

なんて考えていましたよ?

でも現実は厳しく午後3時までアタリが一度もなくお昼が食べられません

午後4時

なんとリール2つと竿一本が折れまして昼ごはんだけでなく晩ごはんも食べられない事が決まりました

外の気温と風もより厳しく・・・がしゃ〜ん

午後5時

心が壊れたので情けないことに家へ帰りました


そして今日

肉へのダメージが予想より大きく歩行困難です!

でもスッキリしたので問題はないです!