安月給で始められる自転車生活

ホロライブとにじさんじが大好きでロードバイクも乗ってるおっさん
1年間の手組み本数30オーバーの鬼

僕のロードバイクはレーシングジャージな方々が乗っているロードバイクとは違い、速さや軽さを重視せず実用性を重視する傾向にあります

例えば2キロ近いパニエバッグとキャリアをフレームに取り付けたり、気分にもよりますがフレームバッグも追加して走るカートになってみたりスポーク本数は32H以上

1キロを如何に削ってヒルクライムを楽にこなすかを努力している走る専門の方々とは違うのがお分かりいただけるかと思います

しかし僕も彼らと一部分だけ似ていて努力している部分があります

それは回転部分の軽量化と高性能化

これはダントツに走りに効いてきますから

フレームの1キロ増、2キロ増なんて全く話しにならないくらい違ってきます

特にハブとペダルの2つ、この部分は絶対にコスト度外視したほうが良いです

流れですとハブはアメリカンクラシック!!だとか言いたいのですが僕自身も手が伸びない高額製品ですから僕の一番おすすめするのはRAF13とRAR13ですね

星14番プレーンスポークで組んだカチカチホイールがレーシング3と同じぐらい・・・は言いすぎですがレーシング3より少し重いくらいで思ったより軽い感じがします

重量的にも圧倒的に重かったりするのですが・・・下位互換ですね

そしてペダルはフラットなら確実にMKSのALL WAYS

これはもう異次元レベルのペダルです

ママチャリの激安プラスチックレベルなんて即ゴミ箱に投げ込むレベルの完成度

靴への食いつきが異様に良く、回転も抵抗がなくよく回ります

しかし一番の驚きはなんと言っても踏み面の形でしょう

僕の靴ですと後ろ部分の凹みにポイントポイントが収まってSPDみたいになるんです

お陰で引き足使えてます(笑



とんでもなく坂道(ヒルクライム)が楽になりましたので回転部分の軽量化と高性能化を皆さんも試してみてください

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット