安月給で始められる自転車生活

ホロライブとにじさんじが大好きでロードバイクも乗ってるおっさん
1年間の手組み本数30オーバーの鬼

DTレボリューションが約900N程度で伸びて破断準備中みたいな事になるらしいのですが同じ細さのPSR TB 2015(2.2-1.5)は何処まで耐えられるのでしょうか?

一応公開されている表を見るとPSR TB 2018、PSR TB 2017、PSR TB 2016、PSR TB 2015全て2600N以上で破断らしく公開されている数値通りの仕事をするとすれば1000Nでは伸びもしないという見解が僕にはあるのですが・・・

もし仮に1000Nで伸びずに1200Nでも伸びずに1400Nまで耐えることが可能なら右側にも使えることになり完全にヒルクライムを意識したホイールも作成可能になりますし面白いのですが


(PSR TB 2015は260mmで4.3gなので280mmで4.6gとして4.6×32で147.2g
(14番の場合は6.8g×32で217.6
(約70g程度ホイール単体を軽くすることが出来る

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット