昨日と今日、ギア比と風速もマチマチで余り参考にならない事を本人も自覚しているのですが

新調した鉄下駄ホイールの方が+5キロ速く走れたようです

比較対象はコチラを左右はんだ付けした改良版です

鉄下駄のホイールは36H14番ダブルクロスで1900g後半、軽量ホイールは32Hちょっと細い、かなり細いヨンロク組み?1588gと約300g程度の重量差があり市場の完組ホイールから比較すると軽いほうが圧倒的に回せて速い印象がありますよね

しかし実際に乗ってみると前者が38キロ、後者が33キロ

リム重量に関しても前者のほうが重たいのですが、それでも前者のほうが軽くて登りも普通に速いです

やはり自覚できていなかっただけで己の体重に対して軽量ホイールが負けていたんでしょうかね?


まぁなんにせよどのパーツと組数とスポークテンションで最高と感じられるホイールが出来上がるかハッキリと分かったので高額軽量ホイールが負けてしまったことについては現実逃避します