安月給で始められる自転車生活

低所得層のおっさんが自転車組んだり走ったり仕事の愚痴をこぼしたりする日記
よくホイールの実験にハマる事から家族からは変態の眼を向けられている

余りロードバイクの知識、ロードバイクの規格に関する知識が無い段会で海外の安くなったフレームを見る

すると「フレームが安すぎる」「これは買いだ」と思ってしまいます

他が6万以上なのに安すぎるフレームは送料込みで3万円以内ですから

しかしスペック表をよぉ~く見ると実は安いなりの理由が有ります

その安い理由とは・・・市場で販売されている規格に合わなくなった物だからです

一番投げ売りされる理由として多いのがフロントフォークのコラムの規格が1-1/8、次点でディスクブレーキのマウントがインターナショナル

この2点は本当地雷です

まずひとつ目のコラム径が1-1/8

ディスクブレーキをフロントで使おうとしている方は絶対に1-1/8は買わないでください

市場のまともなディスクフォークは大体が1-1/2,1-1/4などの規格で根本にかけて太くなっているものです

1-1/8は中華カーボンしか選択肢は無いのですが160mmディスクローター対応と書かれていても大体が140mmディスクローターまでだと思われる上にフォークのエンド部もカーボン素材でクラウン周りの精度も造形も最悪で最悪な部類の物になってくるとコラムの継ぎ目が裂けてる物もあります

リムブレーキで良いのなら1-1/8でも問題はないのですが

次にディスクブレーキのマウント規格がインターナショナル

今一番押し(流行)なのがフラットマウントと呼ばれる規格で次点がポストマウントでその次がインターナショナル

このインターナショナルはディスクブレーキ最初期の規格でディスクブレーキ本体の選択肢が極端に狭い上に適合パーツもどんどん無くなっていくと考えられるのでポストマウント以上の規格がおすすめですね



手組みの依頼が入ったのでこの辺にしますが1-1/8には要注意ですよ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット